読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつかんの本棚

うつ病になったアラサー看護師→現在「専業うつ」。病気・読書から得た情報を発信します。

うつ病は自分を見つめる病

 

そらそら(@sorasorautsu)です!

お越しいただきありがとうございます。

 

うつ病は自分を見つめる病」というテーマで考えたことを書きます。

 

f:id:sorsora-utsu:20170208100956j:plain

うつ病による自己の破壊

うつ病は、良くも悪くも今までの自分を壊していきます。

 ・思うように気持ちが、身体が動かない。

 ・相手のことまで考えられない。

 ・人の目は依然として気になるけど、前のように行動できない。

 

 思うように自己を表現できないというのは、想像以上に自分自身を苦しめます。

 うつ病は、そんな自分をまた責めて、追い詰め、焦りばかりが先行し……

 気付けば、元気だった前の自分に戻ろうとします。


 しかし、「元に戻る」、果たしてそれは良いことなのでしょうか。

 それは「完治・寛解」といえるのでしょうか。

 

うつ病は違う生き方を提案してくれる

 

 うつ病になって、自分と向き合って考えたこと、それは……

「自分らしく暮らしていくことがどれだけ困難か」

 ということでした。

 

 自分の奥底に隠している、素直な気持ちや感性を、今の暮らしに行動として表現すること。その困難さから逃げるために、楽な「元の自分」に戻ろうとしているのではないでしょうか。
 

 私は、うつ病になって様々なことから文字通り逃げてきました。

 情けない、弱い自分を嫌というほど見てきました。

 だからこそ、ここだけは逃げたくない。

 「自分らしく生きる」ということ。

 ここで逃げては、きっとまたここに戻ってくることになる。

 

 弱くたっていい、情けなくたっていい、まずはそんな自分がいることを認め、受け入れることからこの病気の治療は始まるのかもしれません。

 

 そんな自分を、まずはここで表現することから始めたい。自分を見つめなおし、自分を知る、そのきっかけになればよいと思っています。

 

 長々と読んでいただきありがとうございました。